評判に影響

仮に一度でも、お客様に本番行為を要求された場合で、受け入れてしまうと、それが広まってしまう場合があります。インターネット上での書き込みには本当のものもあれば、嘘のものもあるのが事実です。そのお客様がインターネット上に書き込みをしないとは言い切れません。となると、他のお客様も本番行為を要求すればイケるのではないかと思ってしまいます。そのお客様にしても、次もイケると思う理由になってしまいます。

仮に本番行為を要求されて受け入れる事が指名に繋がるとしても、様々なデメリットがあります。当然お店側からもルール違反をしているのではないかと思われてしまい、干されてしまう事もあります。お客様からしても、お店側からしてもしっかり仕事をしてくれるという評判であるのが重要であって、これは本番行為を要求されて受け入れる事とは全く別です。

ご自身の源氏名が傷つく事をしてしまうと、それが悪評判に繋がってしまうものと認識して問題ありません。お客様に本番行為を要求されて受け入れるという事は、風俗嬢として働く上で大きなマイナスになります。お店のルールを守るのは風俗嬢もお客様も大前提であって、そのためには是が非でも断るという姿勢を見せるのが大切です。

本番行為を断る術

本番行為がない風俗店で、お客様から本番行為を要求された場合の対応は難しいものです。当然お客様が相手であるからこそ、角が立つようではいけません。その上で断らないといけないからこそ、神経を使うものとなります。基本となるのは冗談っぽい雰囲気にする事です。お客様としてあわよくばという気持ちで本番行為を要求しているのであって、決して100%の気持ちではないのが事実です。そのため、冗談っぽい雰囲気にすれば、それで問題ないケースが非常に多いです。

それでも止めない場合は、お店に伝えると言うのが一番です。お客様としてこれが一番効く言葉であって、ここでストップするのが普通です。そしてそれ以降は出入り禁止にする事もできます。今後本番行為を要求するかどうかは分からないものの、不安であるのなら、やはり出入り禁止にした方が安心して働けるのは間違いありません。

面倒だから、しつこいからといった理由で本番行為を要求されて、受け入れてはいけません。自分からではないにしても、お店のルール違反をしたのは事実であって、退店しないといけなくなってしまう場合もあります。お客様に本番行為を要求された場合は、あくまでもどのように断るかを考えないといけません。できるだけ入店の際には、本番行為を要求された場合店のスタッフがしっかりと対応してもらえるかどうか調べておきましょう。

参照HP〔汝々艶:十三風俗求人〕
本番行為の強要がある場合迅速に対応してもらえます。

デリヘルと本番行為

デリヘル求人を見ている方の中には、風俗業界未経験者であるからこそ、デリヘルを見ても何が何だか分からない中でという方もいるでしょう。特に多くの方が疑問を抱くのは、それぞれの風俗店でのプレイ内容です。まず認識しておくべきは、デリヘルでは本番行為はありません。プレイ内容はあくまでもヘルスサービスであって、本番行為を含む事がないです。これはデリヘルに載っているとともに、しっかり面接の際にも説明されます。

基本となるプレイ内容は、全身リップ、手コキ、口内発射、フェラチオ、素股などです。お店によってオプション項目となるのが、コスプレやアナル舐めあるいはバイブやローターの使用です。本番行為があると思っていたという方もいるでしょう。しかし、あくまでも本番行為はないものと認識すべきです。この部分が解決できたのなら、次の問題はお客様から本番行為を要求された時です。当然お店のルール違反となるため、断らないといけません。デリヘルはあくまでも本番行為のないソープランドです。しかし、お客様商売であるからこそ、時には中々断りにくい場面もある可能性は大いにあります。

ここでは本番行為がない風俗店で、どのようにお客様に本番行為を要求された場合に断れば良いのか、そして本番行為を受け入れてしまって時の弊害について詳しく解説します。デリヘルを見ている方は、認識しないといけない事であって、しっかり覚えておいた方が良いでしょう。